DV2012 グリーンカード当選後手続きについて

グリーンカード.comトップ > ブログ > DV2012 グリーンカード当選後手続きについて

昨年度実施、DV2012 ご当選の皆様、おめでとうございますビックリマーク

当選後の手続きに関して、ご案内させていただきます。


◆当選後サポートを無料でご利用できる方

弊社下記、お申込みコースをご利用のお客様は、追加料金なしで当選後サポートを受ける事ができます。

1.1年でのお申込時に当選後サポートオプション(2,000円)を選択されたお客様

2.複数年コースにお申込みのすべてのお客様

3.六本木ヒルズの弊社にご来社いただき、申請されたすべてのお客様

 

◆当選後サポートを有償でご利用できる方

1.弊社上記以外のお申込みコースをご利用のお客様

2.他社でお申込み、ご当選されたお客様

3.ご自身で申請され、ご当選されたお客様

但し、本年度は上記2及び3番の方は10名様に限定させていただきます。

上記のお客様は、基本料金218,000円にて当選後サポートをご利用いただくことができます。なお、料金に関しては割引制度もございますので、詳しくはお電話にて弊社スタッフまでお問合せください。

※連休中も24時間メールでのお申込みを受付けております。

info@greencard.jp までお申込みください。

 

◆当選後サポートの内容

(面接前)

1.ご当選の方の国務省へ提出する「当選登録書」Form DSP-122 の作成

2.当選者及びご家族が各1通提出する「移民ビザ及び外国人登録申請書」

Form DS-230 PartⅠ及びPartⅡ の作成

3.DS-230 に記載するグリーンカードを郵送で、受領するための米国内住所の提供

(弊社提携の在ハワイ弁護士事務所となります。)

4.当選後、2枚提出する申請写真の規定に関するご説明

5.当選後手続きに関して当局とのインターネット又は電子メールを使用しての英語での通信代行

(面接時に提出する書類)

6.戸籍謄本、卒業証明書(英文発行ができない場合)の翻訳サービス

7.その他、面接時に提出する、卒業証明書、警察証明書、残高証明書等の書類

取得方法のご案内及び指定医での健康診断に関する説明とアドバイス

(アメリカ大使館での面接)

8.スムーズに面接を受ける為の弊社ノウハウをアドバイスさせていただきます。

9.米国大使館(東京、赤坂)での面接時に弊社スタッフが同行いたします。

10.日本語が話せる米国在住の弁護士や、日米どちらでも税務相談ができる米国公認会計事務所を無料でご紹介することもできます。

日本で永住ビザの面接を受けられるのは、東京にある大使館と沖縄にある領事館だけになり、大阪の領事館では、その手続きはできません。また、沖縄に在住の方でも面接を東京の大使館で行う事もできます。

日本国外にお住まいの方も、このサポートを受けられますが、米国内での面接時に弊社スタッフの同行はございません。また、その部分に関わる費用の返還もございません。

 

◆その他のサポート

米国内の居住地をハワイにご希望のお客さまには、現地で生活に必要になる各種サービスを有償又は無償でご利用になれる日本語が話せる各分野の専門家を無料でご紹介させていただきます。

◆ご注意:米国大使館へ支払う移民ビザ申請料(1人$775:2010年10月現在)、健康診断受診料、各種書類の取得にかかる費用はお客様ご自身で実費負担していただくことになります。また、配偶者さまが外国籍の為に日本語以外からの書類を翻訳する場合などは別途費用が発生いたします。

なお、米国法の改正、国務省の当選後手続規定の変更等により、弊社当選後サポートの内容及び料金は予告なく変更になる事がございますのでご了承ください。

PAGE TOP