米入国制限の対象を「数か国」追加へ

グリーンカード.comトップ > ブログ > お知らせ > 米入国制限の対象を「数か国」追加へ

<米入国制限の対象を「数か国」追加へ>

 

ドナルド・トランプ米大統領は22日、米国への入国を制限または禁止する措置の対象国を「数か国」追加する準備を進めていると明らかにした。

 

スイスのダボスでの世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)で、トランプ氏は

「(入国制限の対象国を)数か国追加する。われわれは無事でなければならない。わが国は安全でなければならない」と表明。対象国は「まもなく」公表すると述べた。

 

これに先立ち米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)は、対象国は7か国で、アフリカで最大の人口を抱えるナイジェリアを含むアフリカとアジアの国々だと報じた。
追加が検討されている国には、ベラルーシやエリトリア、キルギス、ミャンマー、スーダン、タンザニアが含まれているという。

 

同紙は米政権筋の話として、こうした国々について必ずしも渡航を全面的に禁止するわけではなく、特定の種類の査証(ビザ)発給を制限する可能性もあるという。

 

新たに追加される国の多くは、イスラム教徒が大半を占めておらず、この点で現在の入国禁止令の対象国とは異なる。(c)AFP

2020年1月23日 8:32 AFPBB News 配信 発信地:ダボス/スイス [ 米国 北米 ]

 


 

NSIビジネスサポートでも、常にアメリカ国務省のサイトを確認し、「DV-2022移民多様化ビザ抽選プログラム応募要項」で、正式に発表され次第、ホームページ及びブログにてお知らせいたします。

PAGE TOP