HOW TO GET A GREEN CARDグリーンカードの取得方法

グリーンカード.comトップ > グリーンカードの取得方法

グリーンカードは大きく分けて4つの方法で取得できます。

グリーンカード取得には下記表にあるように、既にアメリカ市民となっている家族からの申請のほか、雇用主からの申請、抽選プログラム(DVプログラム)を利用した方法があります。なかでも一番条件が緩く多くの人が申請可能な方法が『抽選プログラム(DVプログラム)での取得』です。
グリーンカード.comでは、この「DVプログラム」の申し込み代行をいたします。

種類 対象者 申請者 年間発行数の制限
アメリカ市民の最近親者
  • アメリカ市民の配偶者
  • アメリカ市民の21歳未満の未婚の子供
  • 米国市民の米国外における孤児の養子縁組
  • 米国市民の米国内における孤児の養子縁組
  • 米国市民の親(米国市民は21歳以上に限る)
  • 死亡した米国市民の配偶者
  • 米国市民の婚約者(およびその子供:K2)
  • 特定の米国市民の配偶者(およびその子供:K4)
アメリカ市民 なし
就学・就労・活動の制限
  • 米国市民の未婚の子供
  • 米国永住者の配偶者・21歳未満の未婚の子供
  • 米国永住者の21歳以上の未婚の子供
  • 21歳以上の米国市民の兄弟・姉妹(その配偶者及び子供を含む)
アメリカ永住者またはアメリカ市民 あり。
審査番待ちがある
雇用に基づく移民ビザ
  • 卓越技能労働者
  • 知的労働者
  • 専門職、熟練・非熟練労働者
  • 特別移民
  • 投資家
  • 特定宗教活動家と家族

 

アメリカ内でその仕事ができる労働者がいないこと、申請者が必要な訓練と経験を有していることを証明する必要がある。

スポンサーとなる雇用主 あり。
審査番待ちがある
移民多様化ビザプログラム(DVプログラム)

グリーンカード.comではDVプログラムへの応募・申請代行を行います。

国務省が指定した国で、申請者本人か配偶者又は両親いずれかが出生していること。(もちろん日本は指定国です)
最終学歴が高卒以上であること。(又は、過去5年以内に2年間以上の米国労働局指定の職種での就労実績があること。)

本人 制限あり(5万件)

「DVプログラム」は一般の方でもグリーンカード取得のチャンスがあります。

グリーンカード.comご利用のお客様のDV2018当選結果

希望者自身が申請でき、日本人の多くに応募資格があるDVプログラムは毎年応募者も多く人気です。世界各地から1,000万人を超える応募があり、当選件数は上限50,000件。当選確率は1%と狭き門ではありますが、近親者や雇用主にアメリカ市民がいない方でもグリーンカードを取得できるチャンスです。また1回の実施期間中に応募できるのは1人1回ですが、当選するまで何年でも応募し続けることが可能です。
抽選はコンピューターによる無作為抽出のため、初めての応募の方にもチャンスがあります。

PAGE TOP