SERVICE GUIDEサービスの流れ

グリーンカード.comトップ > サービスの流れ
お客様 グリーンカード.comへお申込み手続き(2017年10月下旬まで)

当サイトの「お申込みページ」から、お申込み・決済手続きをし、申請内容・写真をそれぞれ画面の指示に従い必要事項をご登録ください。

支払い方法:クレジットカード、コンビニ決済、ネットバンク決済

  • 写真のご提出(アップロードまたは郵送で送付いただきます)も必要です。申請者以外のご家族全ての方の写真をご用意ください。
グリーンカード.com申し込み画面イメージ

お客様 最終申請内容を確認し申請を承諾

申請写真のご登録も済み、申請情報が全て揃いましたら弊社から最終的な申請内容確認のご連絡をさせていただきます。
マイページよりご確認いただき、間違いがなければ申請承諾のボタンをクリックし申請依頼を確定してください。

  • 申請承諾いただきますと、以降は申請情報の変更ができません。
DVプログラム応募 申請情報最終確認画面

弊社 アメリカ国務省へ代理申請

承諾いただいた申請内容にて代理申請手続きを進めます。
申請は弊社独自開発のプログラムで行いますので、転記ミスのない確実な申請をいたします。

申請完了後、申請受付日時・申請者のお名前・コンファメーション番号が記載された「申請完了画面」(コンファメーション・ページ)をお申込みのメールアドレスへ送信し、申請手続きが完了したことをお知らせいたします。

DVプログラム申請完了画面

弊社 抽選結果をメールにて通知
当社では、全員の方の抽選結果を確認し、当落にかかわらずメールにてご連絡する無料サービスを実施しております。
ご自身で当選確認をする場合は、国務省のサイトでご確認いただけます。

当選された方は次のステップへ

グリーンカード取得に向けた準備スタート。
弊社は当選後サポートも充実しています。

 

落選したら・・・

諦めずに次年度に再チャレンジを!
受付期間前のお申込みも受付しています。

当選されたお客様 面接準備の開始、必要書類の準備

当選通知で指定された永住ビザの申請書を郵送した後、当選を確認したサイトにアメリカ大使館での面接日が通知されます。

面接日までに戸籍謄本、卒業証明書など必要書類を用意してください。

グリーンカード.comなら追加費用なしでグリーンカード取得までをサポート。
永住ビザ申請書の作成、戸籍謄本の翻訳、その他準備する書類のご案内をさせていただきます。

※アメリカ大使館へ支払うビザ申請料、指定病院で受診する健康診断料、各種必要書類の取得費等はお客様のご負担となり直接各機関へお支払いいただきます。

グリーンカード申請書類イメージ

当選されたお客様 面接
準備した提出書類を持参し、東京にあるアメリカ大使館または沖縄総領事館での面接を行います。
面接の担当官はアメリカ人ですが、日本人の大使館員もいますので英語に自信がない方もご安心ください。面接と言っても英語の試験ではなく、あくまでも本人の永住意思と書類の確認です。
なお、有料サービスになりますが、ご要望の場合は、弊社提携弁護士がアメリカ大使館の面接に同行する事ができます。

大阪の領事館では、面接は受けられません。沖縄に在住の方でも面接を東京の大使館で行う事もできます。

グリーンカード申請面接イメージ

当選されたお客様 グリーンカード取得

アメリカ大使館での面接日に仮の永住ビザが発給されますが、正式なグリーンカードを取得するには身体検査受診日より180日以内に米国へ入国する必要があります。

アメリカ到着空港での入国審査が最終審査となり、後日郵送でグリーンカードが送られてきます。

渡米後すぐに永住を開始出来ない場合は、米国内にて再入国許可証の申請手続きを取る事により、永住開始期日を延期することもできます。

グリーンカード

PAGE TOP