DV2013 応募要項が国務省より正式に発表されました!

グリーンカード.comトップ > お知らせ > DV2013 応募要項が国務省より正式に発表されました!

昨日、来月から申請受付が開始される、グリーンカード抽選プログラム DV2013応募要項が国務省より正式に発表になりました!

●国務省申請受付期間:2011年10月4日正午から11月5日正午(米国東部夏時間)

弊社での受付締切は、10月31日(写真必着)です。

●昨年度からの主な変更点

・バングラディシュが申請資格国から除外され、南スーダンとポーランドが新たに資格国になりました。

・DV2013の当選を確認できる唯一の方法である、国務省のEntrant Status Checkサイトにて、当選後の永住ビザ申請方法の説明及び面接日時が指定されることになりました。

 その為、申請時に表示されるコンファメーション番号を保管しておくことが必要不可欠であり、番号を紛失しても国務省は再発行できない。と注意書きが加わりました。

●その他の注意事項

・国務省はビザ・コンサルタントやビザ・エージェント、などの代行業者を利用しないで、自分で申請する事を推奨する。もし、そのようなサービスを利用する場合は、国務省への申請の際に同席するべきである。

(弊社で実施している来社申請に該当します)

そして、コンファメーション番号を必ず自分で保有するべきである。業者はコンファメーション番号を貴方に渡さず、当選時に法外な料金を請求する恐れがあります。 

※弊社では、オンライン申請が始まりました、DV2005 申請代行より全ての皆様にコンファメーション番号が記載された申請受理画面を印刷してお渡ししております。

国務省がこのような注意書きを記載した背景には、申請代行時にコンファメーション番号を渡さず、当選手続きを強制し、法外な料金を請求する会社があるようですから、ご注意ください。

日本の代行業者でも、「当選手続きは無料と聞いていたのに20万円請求された」、「当選後無料サポートで永住ビザ申請書類を作成してもらえると思っていたのに、記載方法のアドバイス的な書類をくれただけだった」などの事例があるようです。代行会社を選ぶ際は十分内容を確認してください。

免責事項: 当ブログに掲載されている情報の内容には万全を期していますが、情報は予告なしに変更されることがあります。弊社は、掲載されている情報や表現等に対して保証するものではありません。米国永住者に関する情報はUSCIS のウェブサイトでご確認ください。

公式ホームページ
グリーンカード.com オフィシャルブログ

PAGE TOP