FAQ

よくある質問

  1. DVプログラム(DV2022)応募申請代行のグリーンカード.com
  2. よくある質問
  3. DVプログラム応募~当選まで

DVプログラム応募~当選まで

    抽選結果は米国国務省からメールで通知はありますか?

    抽選結果につきましてはオンラインでの確認のみとなり、米国国務省から個別に通知が来ることはございません。

     

     icon-notice 昨今、抽選結果がメールで送られてくる詐欺が多発しており支払を求めてくるケースもございます。当選時においても国務省からの通知は行われないため、誤って振込み等されないようご注意下さい。

    [更新日]2020年07月13日
    配偶者の当落の連絡が来てないのですが暫く待っていればお返事頂けるのでしょうか?

    既婚コースでお申し込みの場合、いずれかがご当選された場合を除いてはご登録のメールアドレスへ申請者様宛に結果のご報告をさせて頂いております。
    弊社からのメールが「迷惑メール」になっていないかご確認いただきますようお願いいたします。
    何卒、ご了承のほどお願い申し上げます。

    [更新日]2020年02月27日
    当選後手続きはいつまでにすればよいですか?

    DVプログラムの当選発表は、毎年5月の初めごろに発表されます。
    その結果が当選の場合、まずはオンラインでDS-260を作成し、アメリカ国務省に送信しますが、当選者の面接がその年の10月から始まるため、6月から8月くらいまでに完成するようにご案内しております。
    特に、当選された方に与えられる【ケースナンバー】が小さいほど、面接時期が早いので面接に必要な書類をそろえるためにも、早めの作成を推奨しております。

    [更新日]2020年02月27日
    米国在住ですが、米国内で当選手続きをすることは可能ですか?

    非移民ビザでアメリカ居住の場合、米国内で当選手続きを行うことも可能です。
    ただし、日本の大使館で手続きを行うのに比べ、費用面や煩雑なことが多くなります。
    NSIビジネスサポートでお申込いただいたお客様については当選者サポートに関しまして、国内での手続については無料でご利用いただけますが、国外での手続はご自身でおすすめいただくようお願いしております。

    [更新日]2020年02月27日
    抽選発表はいつですか?

    DVプログラムの応募受付の年の翌年5月初めごろにオンラインにて抽選結果が発表されます。(年度により変更の可能性あり)
    お客様ご自身でご確認いただくことができますが、NSIビジネスサポートからも約5営業日程度でメールにてお知らせし、マイページにも当落結果を掲示しております。
    多数のご応募を頂いておりますので、結果についての個別のお問い合わせはご遠慮頂きますようお願い致します。

    但し、落選された場合の理由などは発表されませんので、お応えすることはできません。
    ご了承ください。

    [更新日]2020年07月13日
    抽選結果は、どのように調べるの?

    抽選結果はアメリカ国務省のホームページにて行われます。
    その際に【Confirmation Number】が必要となります。
    NSIビジネスサポート(株)グリーンカード.comにてご応募いただいたお客様は、マイページに記載しておりますので、ご確認いただきますようお願い致します。
    また、弊社以外でお申込みいただいた方は、ご自身で保管いただきますようお願い致します。

    [更新日]2020年02月27日
    当選後の面接はどこで行われますか?

    DVプログラムに当選し、面接を行うのが日本国内の場合、当選後の面接場所は、東京のアメリカ大使館か那覇のアメリカ総領事館となります。

    [更新日]2020年02月27日
    当選後の手続きにかかる費用は?

    年により変更がありますが、申請者1名についてのおおよその費用は以下の通りです。
    ・ビザ手続き料(アメリカ大使館で支払):$330
    • ビザ発行料:$165
    • 警察証明書:無料〜400円ほど(都道府県の警察本部により異なる)
    • 健康診断料:25,000円〜 + 必要であれば予防接種料(病院により異なる)
    • グリーンカード用写真代金:写真館でお問い合わせください
    • 各種公的証明書取得料:450円〜
    必ず、事前にご確認いただきますようお願い致します。

    [更新日]2020年02月27日
    当選後に結婚した場合、配偶者はグリーンカードを取得できますか?

    DVプログラム(グリーンカード抽選プログラム)に当選し、グリーンカード取得後に結婚した場合、配偶者もグリーンカードを得る事ができますが、現在グリーンカード保持者がスポンサーとなって配偶者を呼び寄せるにはおよそ5年ほどの期間がかかると言われており、その間は離れて暮らすことになります。
    また無事発給されても、グリーンカード取得が目的の結婚、いわゆる「偽装結婚」などを防ぐために、結婚した最初の数年間は「期限付き特別グリーンカード」が発行されることになります。
    数年後、役所の審査を受けたのち、「間違いなく本物の夫婦」と認められれば正式なグリーンカードが発行されます。このため、ご結婚を考えていらっしゃる方は入籍のタイミングを慎重に考える必要があります。

    [更新日]2020年02月27日
    当選後に必要となる書類等は何がありますか?

    最終学歴の卒業証明書(英文)、出生証明書、渡航証明書などが必要となります。
    詳細は当選された方にサポートさせていただいております。

    [更新日]2020年02月27日
    当選後の手続きはお願いできますか?

    NSIビジネスサービス(株)グリーンカード.comのDVプログラム(グリーンカード抽選プログラム)応募代行サービスをお申込みいただいたお客さまには、当選サポートを無料で提供しております。
    サポート内容については、弊社サイト「当選後サポート(ttps://greencard.jp/reason/support/)」をご覧いただきますようお願いします。
    また、NSIビジネスサポート以外のお手続きで当選された方でも有料にてサポートさせていただけますので、「お問い合わせ」よりご連絡いただきますようお願い致します。

    [更新日]2020年02月27日
    夫婦で応募し当選したが、発表前に離婚していた場合の元配偶者のグリーンカードは取得できますか?

    DVプログラムの当選時に離婚が成立していれば、応募時の情報に含まれていてもケースナンバーを発行されたほうだけが当選となります。

    [更新日]2020年02月27日
    抽選に当選したら必ずグリーンカードを取得できますか?
    当選後に『DS-260オンライン移民ビザ申請書』を提出し諸手続きをすると面接日が決定し、
    問題なく面接を終了した後に米国入国(健康診断から半年以内に入国)すると数か月~数年で
    グリーンカードが送られてきます。
    当選をしただけではグリーンカードの取得ができないのでご注意ください。
    また、ケースナンバーによって、面接してもらえない場合も取得できません。
    [更新日]2020年05月11日
    現在、日本国外に在住していますが申請可能ですか?

    はい、可能です。弊社とメールでのやり取りができ、PDFファイルをご覧になる事ができれば、問題ございません。

    [更新日]2020年05月11日
    現在、米国ビザを保有していますが、永住権抽選プログラムを申請できますか?

    まったく問題ありません。不法滞在や移民法に違反する事をしていなければ、グリーンカード抽選プログラム申請時に保有しているビザに関しては不問です。

    [更新日]2020年05月11日
    当選すると、配偶者や子供にもグリーンカードが給付されますか?

    申請者が当選した場合、その配偶者と21歳未満の未婚の子供にも所定の審査を経てグリーンカードが発給されます。

    [更新日]2020年05月11日
    1人何通まで申請できますか?

    おひとり1通のみ申請できます。2通以上オンライン申請を行った場合はその申請者のすべての申請が無効となり、失格となります。

    しかし、ご夫婦で申請する場合は、各1通づつ、計2通の申請が可能です。、どちらか一方が当選した場合、ご夫婦2人分のグリーンカードが取得できます。

    つまりご夫婦の場合は、おふたりで申請すれば当選確率が2倍になると言えます。

     

    icon-play さらに当選確率を上げる方法はあるの?

    [更新日]2020年05月11日

    PAGE TOP